今日の新聞「実習生 来日前に借金 過半数」

「外国人技能実習生」もう、皆さんご存知ですね。

少子高齢化が進む日本「外国人技能実習制度は日本の人手不足を安く解決するためのものでは無く、開発途上国の「人づくり」をすることが主な目的。」

目的に反してこの制度が利用されないように、監理団体や機構が厳しく大事な海外からの働き手を守っています。そして、受入れる私たち企業(介護)も守ってきました。

しかし、今朝の新聞の見出しは そんな受入れ企業側から見て大変残念な記事でした。

外国人実習生の半数以上が平均54万円もの借金(家庭の借金ではなく、日本に来るための送出し機関に支払う手数料又は仲介料)を抱えているとの事です。

あくまも平均により高額の人は100万円を超えている実習生もいます

(実際、当社の実習生も70万以上の手数料を借金していました)

確か、送出し機関には手数料の上限金額の設定があり(国ごとに金額が異なる)

ミャンマー2,800ドル、ベトナム3,400ドル、中国3,000ドルだったと思います。

(定かではありませんし、上限を超える額が多いそうです

つまり、現在ミャンマーの実習生が日本で働く(技術を学ぶ)には

最低でも30万円を支度金として準備しなければ日本には来れないのです

【ちなみに】ミャンマー全体の平均月収は約1~2万円(これはアジアでは最も低い賃金)

そんな体制の外国人技能実習制度で良いのでしょうか

心優しく、介護に向き合える外国人の方は沢山います。

また介護福祉士を目指せる能力とモチベーションがある技能実習生も沢山います。

もう一度「外国人技能実習制度」を見直し

実習生に負担なく、送出し機関・受入れ企業にも満足できる方法を

是非、導き出して欲しいと願います。